拝殿前厄除け桃方位盤
 桃は陰陽道にて魔除厄除の果実とされ、また、方位盤の四方の玉は御富岐玉(みほぎだま)と呼ばれる祭具です。
 ご参拝の折に厄除桃・御富岐玉を手でさすり、そして自身の身体を撫でて祓い清め、お祈りください。

魔除け桃守り 八方除け守り 御富岐玉(方位守り)


大津神社鎮座の起源は「小津の泊まり」に祀られた小祠であったといわれます。その後鎌倉時代に八幡大神を勧請し、以来「若宮八幡宮」と称していましたが、明治四十一年に、宇多神社神明神社菅原神社の三社を合祀し、事代主神社を境内社として合併し、式内粟神社を境内に移転した際に、「大津」の総鎮守として、「大津神社」と改称されました。 


厄年表を見る。

鎮座地:大阪府泉大津市若宮町4−12

〒595−0065

TEL:0725−32−0603

FAX:0725−32−1105

E-Mail: otsu@jinja-osaka.gr.jp

目次が表示されないときはここをクリックしてください

Copyright(C) 1997 大津神社 All rights reserved.