第42回全国証券問題研究会

 今回は、メインの講演として、専修大学法科大学院教授・松岡啓祐先生に「金融商品取引法上の勧誘ルール」の演題でご講演いただく予定です。松岡教授は、アメリカ法との比較法研究を中心として、過当売買(チャーニング)、適合性の原則、最近では、金融ADR、証券会社の経営破綻と投資詐欺、証券業者の規制などといった問題を理論面から扱っておられ、裁判における理論的な主張に関しても大いに役立つものと思われます。

 さらに、1日目後半では、アンドリュー・M・パーデック教授に、アメリカにおける仕組み商品の規制の最新情報などについて日米比較の視点を交えてご講演いただく予定です。

 また、実務的な研究報告としては、1日目に無断売買についての最高裁判決の射程範囲を問う研究報告を行い、2日目には、仕組み商品関係につき2件の勝訴判決報告に加えてエコノミスト・吉本佳生先生から仕組み商品の一般的な仕組みや問題点についてじっくり解説していただく予定です。


 大阪・山ア敏彦弁護士、東京・桜井健夫弁護士による入門講座も開催



日 時   2010年7月23日(金)・24日(土)

場 所  長野県教育会館3階ホール
        住所:長野市旭町1098
        電話: 026−235−6995
  アクセス:徒歩 長野駅善光寺口より徒歩約20分
      バス JR長野駅善光寺口バス乗り場から
      @川中島バス「善光寺方面行」乗車、大門南下車徒歩約5分
      A市内循環バス「ぐるりん号」乗車、合同庁舎前下車徒歩3分
      電車 長野電鉄長野線「権堂」下車徒歩10分

 
      【参加費】 
         参加希望の方は詳細をおたずねください。
                    
      【申込方法】
  各地の幹事を通じてお申込みください。
        (専門的な研究集会であるため、一般の方の申込は受け付
        けておりません。ご了解下さい。)
                

【主な内容】

23日(金)

 午前10時〜  入門講座 : 山崎敏彦弁護士、桜井健夫弁護士

 午後1時    本会開催

           現地挨拶  長野県弁護士会副会長

           基調報告  塚田裕二代表

  
 午後1時30分 講演「金融商品取引法上の勧誘ルール」
                松岡啓祐・専修大学法科大学院教授

 午後3時    休憩
 
 午後3時15分 講演「米国における仕組み商品に対する規制の最新状況など
          日米比較(仮題)」テンプル大学アンドリュー・M・パーデック教授

 午後4時45分 休憩
         
 午後5時    「無断売買研究〜最判平成4年2月28日の射程範囲:最判昭和
          49年10月15日との関係も踏まえて」

           齋藤雅弘弁護士、田端聡弁護士  司会 近藤博徳弁護士

 午後6時    本会1日目終了

 午後6時30分〜 懇親会 :国際ホテル21  南館2階 芙蓉の間


24日(土)

 午前9時     幹事会
  
 午前9時30分  仕組み商品関連事件の勝訴判決報告

           田端聡弁護士(大阪地裁平成22年3月26日判決)
           中嶋弘弁護士(大阪地裁平成22年3月30日判決)

 午前10時30分 仕組み商品の仕組みと問題点
                  エコノミスト 吉本佳生氏

 午前11時30分 勝訴判決報告

      @和解 桜井健夫弁護士
      A判決 奈良地裁H22.3.26  深水麻里弁護士
      B判決 大阪地裁H22.4.15  山崎敏彦弁護士
      C判決 大阪地裁H22.5.12  松田繁三弁護士
      D判決 東京地裁H22.5.25  瀬戸和宏弁護士 (平成電電事件)
      E決定 東京地裁H22.5.6   田上 潤弁護士 (IHI事件)
    
 午後0時20分 事件報告等
         ・アーバンコーポレーション事件
         ・ ニイウスコー事件
         ・ 酒販年金事件
         ・ ワールドオーシャンファーム事件
         ・その他

 午後0時50分〜 議 事
            次回開催地  その他