TO0 Ver.1.55

ダウンロード



■機能説明
■シェアウェアについて
■変更履歴


戻る







機能説明

TO0は起動したプログラムをタスクトレイ(通知領域)にアイコンを表示し最小化されるとタスクバーの表示から消すソフトです。
常駐出来るのでタスクトレイランチャーとしても使えます。

さらに下記の機能があります。
基本優先度の変更
タイトルバーのキャプションを固定
タイトルバー無しで最大化

最小化したウィンドウを非表示にする常駐プログラムを同梱しています。


TO0(タスクトレイプログラム)
TO0(タスクトレイプログラム)

TO0C(ショートカット作成プログラム)
TO0C(ショートカット作成プログラム)

TO0R(最小化監視プログラム)
TO0R(最小化監視プログラム)


目次へ戻る




シェアウェアについて

TO0はシェアウェアです。
試用は30日間無料ですが、継続使用される場合はユーザー登録をお願いします。
本体価格 \1,000 + 消費税
 消費税8%(\80) 税込み価格\1,080
一人もしくは一台のコンピュータにつき1ライセンスです。
有効期限はユーザー登録されてから原則5年です。


機能制限について
 ・試用期間中はタスクトレイプログラムを複数起動出来ません。
 ・試用期間中は最小化監視プログラムに登録できる数は2です。

お支払い方法
 こちら をご覧ください。


ベクター シェアレジでご購入された方の氏名、メールアドレスが当方に通知されません。
新規のユーザーの方、バージョンアップのお知らせのメールが届かない方はサポートができませんので下記フォーマットでメールを
sm@osk2.3web.ne.jpまで送ってください。 *個人情報はバージョンアップ等のお知らせの送信、サポート時のご本人確認以外には使用しません。

件名 : ユーザー登録願
=============================
・ソフト名 : TO0
・メールアドレス :
・氏名 :
・シェアレジ申し込み番号 :
=============================




目次へ戻る




変更履歴

--------------- Ver.1.55 ---------------
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・タスクトレイアイコンを右クリックメニューに閉じる(プログラムを終了)を追加
・タスクトレイアイコンのヒント表示に'実行中'または'起動していません'を付加するように変更
・親ウィンドウがTApplicationのプログラムの表示/非表示処理を再度修正


--------------- Ver.1.54 ---------------
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・親ウィンドウがTApplicationのプログラムの処理を修正


--------------- Ver.1.53 ---------------
TO0C(ショートカット作成プログラム)
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
TO0R(最小化監視プログラム)
・DLLの読み込みを修正


--------------- Ver.1.52 ---------------
TO0R(最小化監視プログラム)
・左クリックメニューのアイコン表示を修正
・現在最小化しているウィンドウに空白が入る不具合を修正
TO0C(ショートカット作成プログラム)
・実行中のプログラムの一覧表示でWindowsストアアプリ表示しないように変更


--------------- Ver.1.51 ---------------
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・処理対象のウィンドウを修正する機能を追加


--------------- Ver.1.50 ---------------
TO0R(最小化監視プログラム)
・Windows 10 Creators Updateでエクスプローラーのアイコンを修正


--------------- Ver.1.49 ---------------
TO0C(ショートカット作成プログラム)
・実行中のプログラムの一覧表示で[Enter]キーで追加、[Esc]で閉じるられるように変更
・実行中のプログラムの一覧表示で前回表示したプログラムが残っている不具合を修正
・TO0実行ファイル/TO0A実行ファイルのアイコンを変更(再度関連付けを行ってください)
・開発環境をEmbarcadero Delphi 10.2 Tokyoに変更


--------------- Ver.1.48 ---------------
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・二重起動を禁止する機能を追加
・トレイメニューをクリックした時にデータを保存するように変更
・TO0実行ファイル/TO0A実行ファイルで起動時に指定されたプログラムとフォルダが同じでもプログラム○○をから(空白)に変更しますか?というダイアログが表示される不具合を修正
・半透明を起動時に反映していない不具合を修正
TO0C(ショートカット作成プログラム)
・実行中のプログラムの一覧表示で64bit環境でSystem32のプログラムの場合、SysWOW64にリダイレクトしないように修正


--------------- Ver.1.47 ---------------
TO0R(最小化監視プログラム)
・隠したウィンドウが終了したらメニューから削除するように修正
・フォントを修正
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・64bit環境でSystem32のプログラムの場合、SysWOW64にリダイレクトしないように修正


--------------- Ver.1.46 ---------------
TO0C(ショートカット作成プログラム)
・TO0実行ファイル(拡張子.TO0)/TO0A実行ファイル(拡張子.TO0A)のショートカットの作成でスペースを含む実行ファイル名の場合、起動しない不具合を修正


--------------- Ver.1.45 ---------------
・ヘルプファイル(TO0.chm)を同梱
TO0C(ショートカット作成プログラム)
・TO0実行ファイル(拡張子.TO0)/TO0A実行ファイル(拡張子.TO0A)を開く、保存した時ショートカットの作成で上記のファイルのショートカットを作成する機能を追加
・TO0実行ファイル(拡張子.TO0)/TO0A実行ファイル(拡張子.TO0A)を開いた時、タイトルバーにフルパスを表示するように変更
・TO0実行ファイル(拡張子.TO0)/TO0A実行ファイル(拡張子.TO0A)を開いた時、保存ダイアログのフォルダ、ファイル名に入力するように変更
TO0(タスクトレイプログラム)/ TO0A(タスクトレイプログラム[管理者])
・TO0実行ファイル(拡張子.TO0)/TO0A実行ファイル(拡張子.TO0A)で起動した時 指定されたプログラムとフォルダが違うプログラムの場合はそのプログラムに変更後、トレイアイコンのヒント表示が変更されていない不具合を修正


--------------- 以前のバージョン ---------------
・付属のヘルプファイルに記載





目次へ戻る