SAKEBar Ver.1.99

ダウンロード


■機能説明
■変更履歴


戻る







機能説明

タスクバーに重なっているウィンドウ、画面からはみ出しているウィンドウをデスクトップの作業領域内に移動します。

マルチモニタでウィンドウを移動しモニタの境界になるとウィンドウの面積が広い方のモニタに移動するのでウィンドウの移動が少し楽になります。

作業領域(監視位置)の上下左右を個別に指定できるので常に見たいウィンドウがある場合にはその領域を確保できます。



目次へ戻る




変更履歴

--------------- Ver.1.99 ---------------
・マウスの左右いずれかのボタンが押されている間は処理しない(マウスでの移動、大きさ変更が完了するまでは処理しない)ように修正


--------------- Ver.1.98 ---------------
・Windows 10/8でウィンドウの境界を無視の処理で境界線の大きさを修正


--------------- Ver.1.97 ---------------
・メインモニター以外でフルスクリーンのウィンドウを処理している不具合を修正


--------------- Ver.1.96 ---------------
・ログオン画面表示後にモニタの変更処理を行わない様に修正
・開発環境をEmbarcadero Delphi 10.2 Tokyoに変更


--------------- 以前のバージョン ---------------
・付属のReadMe.txtに記載



目次へ戻る