OSPEII Ver.3.28

ダウンロード


インストーラー無しをダウンロード
(分割ファイル1) (分割ファイル2)
分割ファイルになっています
上記の二つを同一フォルダに置いて展開してください



ベクターソフトニュース − 2016.01.21

■機能説明
■シェアウェアについて
■変更履歴


戻る







機能説明

登録された任意のフォルダ、開いたフォルダの履歴、Windowsの特殊フォルダを開くソフトです。

主な機能
お気に入りのフォルダ、フォルダの履歴(開いたフォルダの履歴を自動取得)、特殊フォルダをウィンドウ、タスクトレイからエクスプローラ/フォルダウィンドウを開く
エクスプローラ/フォルダウィンドウ、ファイル選択ダイアログでマウスの中ボタンをクリック、ホットキー、またはフォルダの右クリックでポップアップメニューを表示しフォルダに移動
上記ポップアップメニューにドライブの空き容量/総容量を表示(Windows 11/10/8/7で空き容量の確認作業を補完)
フォルダ/サブフォルダ容量を表示(Windows 11/10/8/7で容量の確認作業を補完)
フォルダ毎に位置と大きさを記憶、復元(Windows 11/10/8/7で記憶、復元しないのを補完)
エクスプローラ/フォルダウィンドウでCtrlキーを押しながらマウスの中ボタンをクリックまたはホットキーでフォルダのコンテキストメニューを表示(フォルダを選択して右クリックする操作を省略)
リムーバブルメディアの挿入、外付けドライブ、ネットワークドライブ接続時に指定されたフォルダを複数開く
エクスプローラ、フォルダウィンドウ、デスクトップ、他のソフトに左右ドラッグ&ドロップが可能
エクスプローラ、フォルダウィンドウ、ファイル選択ダイアログのファイルリストにグリッドラインを表示、行全体を選択する機能を付加

ウィンドウ
ウィンドウ

アドレス移動メニュー
アドレス移動メニュー

フォルダ容量ウィンドウ
フォルダ容量ウィンドウ



目次へ戻る




シェアウェアについて

OSPEIIはフリーソフト/シェアウェア兼用になっています。

起動時に読み込む最近開いたフォルダの履歴数、
フォルダ毎にエクスプローラ、フォルダウィンドウの位置と大きさを記憶する数
フリーソフト:10 シェアウェア:100

また、フリーソフトではウィンドウの外観の色は
Windows、Windows10、Windows10 Blue、Windows10 Dark、Windows10 SlateGrayからの選択になります。

シェアウェア料金
本体価格 \2,000 + 消費税
 消費税10%(\200) 税込み価格\2,200

1台のPCにつき1ライセンスです。
有効期限はユーザー登録されてから原則5年です。


お支払い方法
 こちら をご覧ください。


ベクター シェアレジでご購入された方の氏名、メールアドレスが当方に通知されません。
新規のユーザーの方、バージョンアップのお知らせのメールが届かない方はサポートができませんので下記フォーマットでメールを
sm@osk2.3web.ne.jpまで送ってください。 *個人情報はバージョンアップ等のお知らせの送信、サポート時のご本人確認以外には使用しません。

件名 : ユーザー登録願
=============================
・ソフト名 : OSPEII
・メールアドレス :
・氏名 :
・シェアレジ申し込み番号 :
=============================

下記の日時にご購入された方は上記の方法でご連絡ください。
2020/01/09 08:14



目次へ戻る




変更履歴

--------------- Ver.3.28 ---------------
・Windows 11でデスクトップアイコンのPCの名前を修正
・対応OSにWindows 11を追加


--------------- Ver.3.27 ---------------
・アドレス移動メニューのプログラム別のファイル選択ダイアログフォルダを直前にアクティブになったウィンドウのプログラムが登録されていたら表示する様に変更
・ヘルプファイルを修正


--------------- Ver.3.26 ---------------
・Windows10でデスクトップの中ボタンクリックでアドレス移動メニューを表示してクリックしてもエキスプローラが起動しない場合が稀にあるためファイルリストの中ボタンクリックとデスクトップの中ボタンクリックの処理を分別するように変更


--------------- Ver.3.25 ---------------
・エクスプローラ(XPはフォルダウィンドウ)の起動処理を変更
・バージョン情報ウィンドウに設定ファイル保存フォルダを開く機能を追加
・ヘルプファイルに最近開いたフォルダから除外するフォルダに指定するとフォルダ容量は表示しないという事を追記


--------------- Ver.3.24 ---------------
・プログラム別のファイル選択ダイアログフォルダを5個まで指定できるように変更
・上記の変更に伴いプログラムのフォルダ、プログラムのファイル選択ダイアログフォルダをプログラム別のファイル選択ダイアログフォルダのサブメニューに変更


--------------- Ver.3.23 ---------------
・仮想ドライブの環境によってはアドレス移動メニューの表示が遅い不具合を修正
・最近開いたフォルダから除外するフォルダで既にリストにあったら追加しないように修正
・最近開いたフォルダから除外するフォルダの追加でフォルダ参照ダイアログが多重表示が可能になっていてフォルダ参照ダイアログがウィンドウの背面に隠れる場合がある不具合を修正
・プログラム別のファイル選択ダイアログフォルダの追加でフォルダ参照ダイアログが多重表示が可能になっていてフォルダ参照ダイアログがウィンドウの背面に隠れる場合がある不具合を修正
・ドライブ検出時に開くフォルダの追加でフォルダ参照ダイアログが多重表示が可能になっていてフォルダ参照ダイアログがウィンドウの背面に隠れる場合がある不具合を修正


--------------- Ver.3.22 ---------------
・アドレス移動メニューのプログラム別のファイル選択ダイアログフォルダが表示されない場合があるためマウスフックを有効にする時に設定ファイルから読み直すように修正


--------------- Ver.3.21 ---------------
・アドレス移動メニューにライブラリ、個人用フォルダ(マイ ドキュメント)、ネットワーク(マイ ネットワーク)、コントロールパネルを表示するかしないかをオプションに変更


--------------- Ver.3.20 ---------------
・設定で起動時にウィンドウを表示するかしないかを選択するオプションを追加
・デスクトップの中ボタンクリックで[Ctrl][Alt][Shift]キー、マウスボタンが押されている時は何も処理しないように変更


--------------- 以前のバージョン---------------
・付属のヘルプファイルに記載



目次へ戻る