壱番館II Ver.3.34

ダウンロード

インストーラー無しをダウンロード

■機能説明
■シェアウェアについて
■変更履歴


戻る







機能説明

主な機能
 位置と大きさを記憶し自動的に変更
 ウィンドウを画面の端、中央に移動
 位置、大きさを変更した履歴を記憶し復元
 タスクバーに重なっているウィンドウ、画面からはみ出しているウィンドウをデスクトップの作業領域内に移動
 ウィンドウの移動、大きさ変更時に画面の端にスナップ
 ウィンドウの上下左右をマウスの中ボタンで縦または横に最大化
 マルチモニタでのウィンドウ操作をサポート
 ファイル選択ダイアログの位置と大きさをプログラム毎に記憶、詳細表示、グリッドラインを表示、行全体を選択
 仮想デスクトップ
 スタートボタンに時計、日付を表示
 ウィンドウを常に手前に表示
 ウィンドウを隠す
 タスクトレイに最小化
 ウィンドウシェード
 ウィンドウを半透明化
 優先度の制御
 デスクトップのウィンドウの位置と大きさを一括して記憶/復元
 デスクトップアイコンの制御
 マウスカーソルの下のコントロールをマウスホイールでスクロール
 マウスカーソルの下のウィンドウをアクティブ
 スクロールバーをマウスホイールでページスクロール、最上部、最下部
 マウスホイールでウィンドウの切り替え
 スクリーンセーバーの有効/無効、スクリーンセーバーを起動、モニタの電源を切る

非常駐モード
 タスクバーに重なっているウィンドウ、画面からはみ出しているウィンドウをデスクトップの作業領域内に移動、
 登録してあるウィンドウの位置、大きさを変更して終了します。

 

ウィンドウ制御メニュー


ウィンドウリスト




目次へ戻る




シェアウェアについて

壱番館IIはシェアウェアです。
試用は30日間無料ですが、継続使用される場合はユーザー登録をお願いします。
本体価格 \2,000 + 消費税
 消費税 10%(\200) 税込み価格 \2,200
 1台のPCにつき1ライセンスです。
有効期限はユーザー登録されてから原則5年です。

試用期間中の機能制限について
 ・位置と大きさの監視設定の最大登録数は10
 ・位置、大きさを変更した履歴を記憶し復元する機能の保存データは5
 ・最小化でタスクトレイの機能の保存データは5

お支払い方法
 こちら をご覧ください。


ベクター シェアレジでご購入された方の氏名、メールアドレスが当方に通知されません。
新規のユーザーの方、バージョンアップのお知らせのメールが届かない方はサポートができませんので下記フォーマットでメールを
sm@osk2.3web.ne.jpまで送ってください。 *個人情報はバージョンアップ等のお知らせの送信、サポート時のご本人確認以外には使用しません。

件名 : ユーザー登録願
=============================
・ソフト名 : 壱番館II
・メールアドレス :
・氏名 :
・シェアレジ申し込み番号 :
=============================

下記の日時にご購入された方は上記の方法でご連絡ください。
2020/01/16 14:50
2019/11/18 15:44
2019/03/20 07:59
2018/05/09 18:05
2017/06/23 09:56
2016/06/07 14:53



目次へ戻る




変更履歴

--------------- Ver.3.34 ---------------
・DisplaySwitchコマンドでモニタの切り替えをする機能を追加(Windows7以降)
・デスクトップのアイコン設定ー位置の保存/復元で復元時にアイコンの座標を含むモニタが存在しない時は移動させないように修正


--------------- Ver.3.32 ---------------
・トレイアイコンー右クリックメニューーデスクトップのウィンドウの位置と大きさ設定で復元、ファイルを指定して復元を対象プログラムが起動していない時は起動出来る処理を追加
・多重起動でSystem32フォルダのプログラムの処理を修正
・ウィンドウ制御メニューの履歴で復元処理の移動位置の無効条件を修正


--------------- Ver.3.31 ---------------
・ウィンドウ制御メニューの多重起動[管理者]をUACが無効な時は非表示に修正


--------------- Ver.3.30 ---------------
・ウィンドウ制御メニューの多重起動を標準ユーザとして実行、管理者として実行に分けるように機能を追加
・ウィンドウ制御メニューにシステムメニューの移動を追加
・ウィンドウ制御メニューにシステムメニューのサイズ変更を追加


--------------- Ver.3.22 ---------------
・環境(Windows10)によっては最小化ボタンのクリックがタイトルバーのクリックとなってしまうためマウス拡張機能の
 タイトルバーの最小化ボタンを中ボタンでタスクトレイに最小化をタイトルバーのアイコンを右ボタンでタスクトレイに最小化に仕様変更


--------------- Ver.3.21 ---------------
・ウィンドウ制御メニューで処理対象のプログラムを多重起動する機能を追加


--------------- Ver.3.20 ---------------
・トレイアイコンの右クリックメニューにマウスフックとシステム設定のスクロールを行/ページに切り替える機能を追加


--------------- Ver.3.10 ---------------
・Windows10で「マウスポインターをウィンドウ上にあわせたときにウィンドウを選択します。」、当ソフトの「マウスカーソルの下のウィンドウをアクティブにする」を有効にすると
 環境によってはスタートメニューのグループを展開するとマウスカーソルが勝手に動くためWindows10のスタートメニュー上にマウスカーソルがあると機能を無効にする処理を追加
・直接操作ウィンドウの数値入力のフォントを修正


--------------- Ver.3.09 ---------------
・デフォルトの設定でマウスフックを無効に変更
・ホットキーとマウス設定ウィンドウのマウスタブ、スクロールタブの表示を修正


--------------- Ver.3.08 ---------------
・ホットキーとマウス設定−スクロール設定−マウスカーソル位置−Edit,Textキャレット優先でフォーカスがあるキャレット位置の判断処理を変更
・ホットキーとマウス設定−スクロール設定−マウスカーソル位置で移動処理を修正


--------------- Ver.3.07 ---------------
・ホイール回転でアクティブ機能でマウススクロールが無効に設定されているウィンドウもアクティブにするように変更
 *非アクティブウィンドウのタイトルバーでマウスホイール回転はウィンドウメニューではなくアクティブにします
 *マウスフックが無効に設定されているプログラムは処理しません
・位置と大きさの監視設定ウィンドウ、直接操作ウィンドウの最小化表示を修正


--------------- Ver.3.06 ---------------
・Windows 10 May Update (Version 1903)のスタートメニューを半透明にできるように修正
・Windows 10 May Update (Version 1903)のスタートメニューでマウスホイールのフックを無効にするように修正
・各ウィンドウのツールバー表示を修正


--------------- Ver.3.05 ---------------
・直接操作、位置と大きさ設定、作業領域の監視設定、各ウィンドウをメインモニタ以外で閉じた時に次回の表示位置がメインモニタになる不具合を修正
・直接操作ウィンドウを表示中の時のタスクバーへの表示処理を修正


--------------- Ver.3.04 ---------------
・位置と大きさの監視設定の実行時 、ウィンドウシェードと作業領域の監視設定の処理時、スナップ処理時のサウンドを再生の参照ダイアログのイニシャルフォルダを\Windows\Mediaに変更
・位置と大きさ設定、作業領域の監視設定、ホットキーとマウス設定、直接操作のウィンドウと修復ツールをマルチモニター上での移動時に追従するようにタスクバーへの表示処理を修正
・ビルド構成を修正


--------------- Ver.3.03 ---------------
・Windows 10 October Update (Version 1809)でクラウドクリップボードにマウスカーソルがあるとX-Mouse機能を無効するように変更


--------------- Ver.3.02 ---------------
・Windows10で環境によっては再ログインすると位置と大きさ設定ウィンドウに下記の問題がある不具合を修正
 処理が停止する、ツールバー表示が乱れる、ウィンドウが閉じられない
・開発環境をEmbarcadero Delphi 2010 Update5に変更


--------------- Ver.3.01 ---------------
・Windows終了時の設定の保存処理を修正


--------------- Ver.3.00 ---------------
・起動したウィンドウをマウスカーソルがあるモニタに移動する機能を追加
・起動したウィンドウを最大化する機能を追加
・ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールするを有効/無効にする機能を追加(*Windows10)
・ホットキーとマウス設定のシステムのスクロール行数をシステムに書き込むように変更(ログオフで元に戻らないように変更)
・作業領域の監視設定で処理しないウィンドウの処理をプログラム名、プログラム名+ウィンドウクラス名、プログラム名+ウィンドウクラス名+タイトルバーのキャプションに変更(*再設定をお願いします)
・作業領域の監視設定の処理しないウィンドウで参照ダイアログのイニシャルフォルダをスタートメニューのプログラムに変更
・ホットキーとマウス設定のマウスフックを無効にするプログラム、マウス拡張機能を無効にするプログラムスクロールを無効にするプログラムで参照ダイアログのイニシャルフォルダをスタートメニューのプログラムに変更

壱番館II(管理者)
・起動に失敗したらメッセージを表示するように変更

壱番館II - スタートアップ設定
・一時ファイルの作成場所をテンポラリフォルダからアプリケーションデータフォルダに変更


--------------- 以前のバージョン ---------------
・付属のヘルプファイルに記載




目次へ戻る