BeS Ver.6.87

ダウンロード


インストーラー無しをダウンロード
(分割ファイル1) (分割ファイル2)
分割ファイルになっています
上記の二つを同一フォルダに置いて展開してください



■機能説明
■シェアウェアについて
■変更履歴


戻る





機能説明

複数のプログラムをまとめて連続起動するソフトです。
スタートアップの機能拡張、複数のプログラムを起動して行う作業にお使いください。

特徴
設定は独自形式でファイルに保存しこれをダブルクリックで実行できます。
設定を保存されたファイルの結合ができます。
連続起動実行中に一時停止ができます。
プログラムの起動時にオプションが入力できます。
起動するプログラムに下記の設定ができます。
 ・起動の順番
 ・コマンドラインオプション
 ・ウィンドウサイズ
 ・起動確認(タイムアウト設定もできます)
 ・終了を待って次のプログラムを起動
 ・優先度を指定

同梱のBeSpangle[BeS専用ランチャー]を使用されますと 複数のプログラムを選択して同時に起動できます。
 タスクトレイ常駐のメニューランチャー BeSlappも同梱しています。


こんなときに便利です。
使用例
スタートアップ起動時
 最初に起動したいプログラムの起動時間が長く次のプログラムが先に起動してしまう場合。
 プログラムの起動の順番により共有違反等でエラーが出る場合。
 Windows起動時に実行する時しない時があるプログラムがある場合。
 BeSel(BeS Tools) と併用されますと複数のBeS実行ファイルから選択して実行できます。
 起動時にUACダイアログが表示されるプログラムがスタートアップに複数ある場合などはそれらのプログラムをBeSに登録しRunKan(BeS Tools) から起動するとUACダイアログの表示は一度で済みます。

毎回決まった複数のプログラムを起動して作業
 DTP作業でワープロソフトとグラフィックソフトを起動。
 インターネット接続時にブラウザーとメーラーを起動。
 ゲームパッドの設定を行い終了後、ゲーム起動。
 タスクスケジューラに登録して空き時間にスキャンディスクを実行、終了を待ってからデフラグを実行、終了を待ってからバックアップ作業。

セキュリティ
 同梱のBeSysLockとBeSleepを実行するとコンピュータをロックしモニタの電源を切るまたはスクリーンセーバーを起動できます。

Windowsの終了時
  EndEx(BeS Tools) と併用されますとさまざまな作業を処理してWindowsの終了を行えます。

実行ウィンドウ
実行ウィンドウ

設定ウィンドウ
設定ウィンドウ



BeSpangle
BeSpangle

BeSlapp
BeSlapp



目次へ戻る




シェアウェアについて

BeSはシェアウェアです。
試用は30日間無料ですが、継続使用される場合はユーザー登録をお願いします。
本体価格 \1,000 + 消費税
 消費税8%(\80) 税込み価格\1,080
一人もしくは一台のコンピュータにつき1ライセンスです。
有効期限はユーザー登録されてから原則5年です。


機能制限について
 ・試用期間中は実行速度(プログラム起動前の遅延時間)が3000msに固定となります。

お支払い方法
 こちら をご覧ください。


ベクター シェアレジでご購入された方の氏名、メールアドレスが当方に通知されません。
新規のユーザーの方、バージョンアップのお知らせのメールが届かない方はサポートができませんので下記フォーマットでメールを
sm@osk2.3web.ne.jpまで送ってください。 *個人情報はバージョンアップ等のお知らせの送信、サポート時のご本人確認以外には使用しません。

件名 : ユーザー登録願
=============================
・ソフト名 : BeS
・メールアドレス :
・氏名 :
・シェアレジ申し込み番号 :
=============================

下記の日時にご購入された方は上記の方法でご連絡ください。
2015/01/21 22:24 2013/12/24 17:10



目次へ戻る






変更履歴

--------------- Ver.6.87 ---------------
・BeS ToolsバーのBeSilentでWindows Vista以降ならBeSilent2を入力するように修正


--------------- Ver.6.86 ---------------
・実行ウィンドウのフォントを変更
・開発環境をEmbarcadero Delphi 10.2 Tokyo Release 1に変更

《各BeS Tools》
・開発環境をEmbarcadero Delphi 10.2 Tokyo Release 1に変更

《BeStop Ver.2.17》
・フォントを変更

《BeSlapp Ver.1.08》
・DLLの読み込みを修正

《BeSpangle Ver.3.38》
・DLLの読み込みを修正


--------------- Ver.6.85 ---------------
・64bit環境でSystem32のプログラムの処理を修正
・All Usersのアプリケーションデータフォルダを使用しないように変更
・高DPIに対応するように変更
・開発環境をEmbarcadero Delphi 10.2 Tokyoに変更

《各BeS Tools》
・古いバージョンの設定ファイルの移行処理を削除

《BeSleep Ver.2.12》
・Windows10 64bitでスクリーンセーバーが起動しない不具合を修正


--------------- Ver.6.84 ---------------
・プログラム追加/編集ウィンドウの表示を変更


--------------- Ver.6.83 ---------------
・プログラム追加/編集ウィンドウのウィンドウの大きさで取得ボタンを押して位置と大きさの取得に失敗したらホットキーで再取得する機能を追加


--------------- 以前のバージョン ---------------
・付属のヘルプファイルに記載






目次へ戻る