四間丁 愛 Megumi Shikencho

 

夜明け前

91.0×72.7cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

記念写真

65.2×53.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

夜間遊泳

27.3×22.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

真夏日

27.3×22.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

輪郭しか残らない人

45.5×38.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

病室の入口

45.5×38.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

車窓からの風景

45.5×38.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

41.0×31.8cm カンヴァスにアクリル絵具 2017

友達からの手紙

39.7×26.8cm 紙にウォータレスリトグラフ 2017

制服

20.8×26.8cm 紙にウォータレスリトグラフ 2017

鉄線

9.0×7.0cm 紙にウォータレスリトグラフ 2017

違和感

9.0×7.0cm 紙にウォータレスリトグラフ 2017

押入れの中

9.0×7.0cm 紙にウォータレスリトグラフ 2017

夜の道

22.0×16.0cm ケント紙に鉛筆 2017

 

 ■四間丁 愛 コメント  [Artist Statement]

人にはどうしても自分自身と切り離せない事象がある。

忘れようにも忘れられない、ふとした時に思い出してしまう物事を誰しも持っている。

私が描く人物は、そういった強い結びつきの中にいて、その環境に身を浸している。

長い間そうしていると肉体は個人の輪郭を失い、自分がその環境の中に取り込まれ、同一になったような気がする。描かれている人物はモデルというモデルはいないし、いたとしても実際このような顔はしていない。しかし嘘でもない。私は画面の中で描かれた人物と環境がお互いを証明しあうような妙なリアルさを表現できればと思う。

 ■略歴  [Artist Biography]

1989 富山県生まれ

2013 京都精華大学芸術学部版画コース卒業

2015 京都精華大学大学院博士前期課程芸術研究科版画分野修了

 

・個展

2014 Galleryはねうさぎ(京都)

 

・グループ展

2013 KINOPRINT 2013GALLERY ARTISLONG・京都)

2013 関西八芸術大学版画ポートフォリオ展(石田大成社文化ホール・京都)

2013 学生ヨル会議@アートch 持ち腐れだと、誰が言った。展

(つくるビル・京都)

2013 第38回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館・東京)

2014  SEIKA CERAMICS + PRINTMAIKING(ギャラリー恵風・京都)

2014 第39回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館・東京)

2015 what I've chosen | what I chose vol.3

(成安造形大学ギャラリーアートサイト・滋賀)

2015 New Print Artist 2015Gallery Jin Esprit+・東京)

2015 セマンティックポートレイト3Oギャラリーeyes・大阪)

2016 繕いの光景V−Beyond the imagination and reality

Oギャラリーeyes・大阪)

 

・その他

2016 宵のサロン第16回「人―すがた しぐさ こころ」にあわせて展示

(岡山大学Junko Fukutake Hall・岡山)

 

・参考文献

2015 版画芸術No.169 秋号「特集リトグラファー25人」

Oギャラリーeyes HOME