大津安以 Ai Ohtsu

 

=(段鼻)

33.3×24.2cm カンヴァスに油彩、木炭 2017

優しいツインテール

41.0×31.8cm カンヴァスに油彩、木炭 2017

=(ツインテール)

100.0×80.3cm カンヴァスに油彩、木炭 2017

=(きつね)

91.0×72.7cm カンヴァスに油彩 2017

軽量な三角座り

162.0×130.3cm カンヴァスに油彩 2017

=(おさげ)

72.7×53.0cm カンヴァスに油彩、木炭 2017

=(鎖骨)

22.7×14.0cm カンヴァスに油彩 2017

=(二重)

53.0×45.5cm カンヴァスに油彩、木炭 2017

=(ピース)

27.3×22.0cm カンヴァスに油彩 2017

 

 ■大津安以 コメント  [Artist Statement]

「=(二本の線)」

ルノワールの「浴女たち」を見た後、二人の裸婦が横たわる光景がずーっと頭の片隅にいた。

しかし、あるとき二人の裸婦のシルエットがぼやけ、「=」の形が浮かび上がった。「=」は同じものを繋ぎ、どんどん変形も許容する。「=」は可変の均衡を表し、しなやかな強さと優しさを持っている。

そして「=」は上下左右から解放され、「二本の線」となって記憶された。「二本の線」はツインテールとなって絵の中に現われた。

そこにはユートピアの香りがする。

 

「人を描く理由」

絵の中の人物は動かない、何も話さない。何も持たない。生まれもない。絵の具の塊が身体を形成しているだけだ。ただ、いるだけ。しかし、そこには”何もない”からこその魅力、美しさがあると感じる。きっと、”いる”ことに徹することで”存在”を浮かび上がらせているからだ。絵の中の人は、存在とは何かを語りかけている気がする。

 ■略歴  [Artist Biography]

1991 大阪府生まれ

2014 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業

 

・個展

2015 1人展(GALLERY SAGE・大阪)

2016 今生のユートピア(GALLERY SAGE・大阪)

 

・グループ展

2012 KURUKURU展(阪急百貨店うめだ本店・大阪)

2013 つながる展(Gallery Ort Project・京都)

2013 トゥールビヨン11Oギャラリーeyes・大阪)

2014 コロニー7(京都市立芸術大学小ギャラリー・京都)

2014 人間展(金沢21世紀美術館・石川)

2014 CAUSE ON THE SURFACE 4Oギャラリーeyes・大阪)

2016 Between the scene and the form 2016Oギャラリーeyes・大阪)

2016 Enigmatic behaviorOギャラリーeyes・大阪)

2016 セマンティックポートレイト4Oギャラリーeyes・大阪)

2017  うるわしのヒロイン(GALLERY SAGE・大阪)

Oギャラリーeyes HOME