中小路萌美 Moemi Nakakoji

 

めのれに

72.7×60.6cm カンヴァスに油彩 2016

ういち

194.0×130.3cm カンヴァスに油彩 2016

のでこと

162.0×130.3cm カンヴァスに油彩 2016

れぐろ

116.7×91.0cm カンヴァスに油彩 2016

やはさ

45.5×38.0cm カンヴァスに油彩 2016

とこり

65.2×53.0cm カンヴァスに油彩 2016

るるーい

45.5×38.0cm カンヴァスに油彩 2016

りんど

41.0×31.8cm カンヴァスに油彩 2016

にびるら

33.3×24.2cm カンヴァスに油彩 2016

ぷいつれ

27.3×22.0cm カンヴァスに油彩 2016

まいよ

27.3×22.0cm カンヴァスに油彩 2016

ぽみのの

18.0×14.0cm カンヴァスに油彩 2016

おー

22.7×15.8cm カンヴァスに油彩 2016

うりーむ

41.0×31.8cm カンヴァスに油彩 2016

るび

22.7×15.8cm カンヴァスに油彩 2016

 

 ■中小路萌美 コメント  [Artist Statement]

ある展示作業中に、展示台の上に被せる透明なアクリル製の箱(ケース)が立てて置いてあったので

なんの気なしにその内側から覗きこんでみた。

たったそれだけなのに、世界が一変したので驚いた。

どう変わったのかは大体想像がつくかもしれないけれど是非やってみて欲しい。

なんというか、直感的に私が描きたいのはこれなのかもしれないと思ったのだ。

言葉にはうまくできない。

見えているけど見えていない。触れそうなのに触れない。

音がぼやける。

アクリル板で隔たれた向こう側に違う世界を見た気がした。

 

そんな世界をずっと説明したくて、見えるようにしたくて、

画面に向かっているのかもしれない。

むにゃむにゃ曲がった線や直線、△□、何層も重なって混じり合った色。

この表現で描き続けて67年経ったけれど

まだまだ、向こう側は説明できそうにない。

 ■略歴  [Artist Biography]

1988 兵庫県生まれ

2011 京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科油画コース 卒業

2013 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程油画版画領域修了

 

・個展

2012 それがあるような気がしてる(GALLERY SUZUKI・京都)

2013 第47 L'ESPOIR 2013 新人選抜展(スルガ台画廊・東京)

2014 Shift Cube Vol.25「空中のあお」(文化フォーラム春日井・愛知)

2014 踊るのをみていた(gallery N・愛知)

2014 宝石になる前に(Oギャラリーeyes・大阪)

2014 夜のない絵(Oギャラリー・東京)

2015 夜のない絵(Oギャラリーeyes・大阪)

2015 2回目のかたち(GALLERY SUZUKI・京都)

2015 こどものようなあしたへ(gallery N・愛知)

 

・グループ展

2010 めばえ 京都造形芸術大学学科優秀作品選抜2010

Galerie Aube・京都)

2011 設楽研究室「絵の回路」(市民ギャラリー矢田、Gallery G・愛知)

2012 Woodland Gallery 2012(みのかも文化の森・岐阜)

2012 460人展(市民ギャラリー矢田・愛知)

2012 清須市第7回はるひ絵画トリエンナーレ

(清須市はるひ美術館・愛知)

2012 設楽研究室「絵の回路」(サテライトギャラリー、Gallery G・愛知)

2012 ORA vol.4Court Gallery KUNITACHI・東京)

2012 美術系学生選抜展 美系優秀【ビケイユウシュウ】2012

(文化フォーラム春日井・愛知)

2013 トーキョーワンダーウォール公募2013入選作品展

(東京都現代美術館・東京)

2013 トゥールビヨン11Oギャラリーeyes・大阪)

2014 4clover(スルガ台画廊・東京)

2014 KUAD graduates under30 selectedGalerie Aube・京都)

2015 世界と世界を交換する・西会津国際芸術村C

(西会津芸術村・福島)

 

・受賞

2011 京都造形芸術大学卒業制作展(学長賞)

2012 清須市第7回はるひ絵画トリエンナーレ(佳作)

Oギャラリーeyes HOME