大田原 桜子 Sakurako Ohtawara

 

tulip

91.0×91.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

パレード

32.0×32.0cm カンヴァスにオイルパステル 2015

ユースレス

162.0×162.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

ムコウ見ず

200.0×250.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

カルガル

117.0×91.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

waste 1

32.0×32.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

sesecoma

111.0×53.0cm カンヴァスに油彩、オイルパステル 2016

 

 ■大田原 桜子 コメント  [Artist Statement]

「なんらかの塊(かたまり)」を描いています。出発点は自分の体験に基づいた、あるいは実際にあるものの形から発想してドローイングとして出てきた形です。それを、絵具を使って描き進める中で、塊と空間は私の予想を超えて繋がったり離れたりを繰り返しどんどんと大胆に形を変えていきます。それを描くことに一体どんな意味があるのか、自分の描きたいものの本質は何なのかを追求しながら、ただ筆を動かしキャンバスに絵具を塗りつけることで塊を表現することがなにより心地よい時間です。

最近は油絵具という重厚なイメージの画材を使いながらもどこか軽々しく、軽薄で、どうでもいいと一蹴できるものを描き、その中に少し重たくてずっしりと現実的な要素が見え隠れする画面を表現したいと思うようになり、それを意識して制作しています。

一見なんの価値もないような、あってもなくても生きていけるようなものの中にこそ一番大切なことが紛れ込んでいてほしいと願っています。

 ■略歴  [Artist Biography]

1991 兵庫県生まれ。

2015 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業

現在 京都市立芸術大学修士課程油画専攻在籍

 

・グループ展

2014 CAUSE ON THE SURFACE 4Oギャラリーeyes・大阪)

2015 2014年度京都市立芸術大学作品展(京都市美術館・京都)

2015 i Lander展(京都市立芸術大学大ギャラリー・京都)

2015 LOCA 2015(京都市立芸術大学アトリエ棟・京都)

2016 2015年度京都市立芸術大学作品展(京都市美術館・京都)

 

・受賞

2014年度京都市立芸術大学作品展(市長賞)

 

・パブリックコレクション

藍野大学

Oギャラリーeyes HOME