西村みはる Miharu Nishimura

 

耳元の寝息に耳をすませ

100.5×64.0cm 和紙にオイルスティック 2015

揃って小さくはねたうしろ髪

72.8×72.8cm カンヴァスに油彩 2015

炭酸のような急な雨

64.0×100.5cm 和紙にオイルスティック 2015

雨の日もある晴れ間を

50.5×64.0cm和紙に木炭2015

再び、わずかな

130.3×96.8cm カンヴァスに油彩 2015

数十秒の

130.3×96.8cm カンヴァスに油彩 2015

いつかは自分もと願う感触

22.0×27.5cm カンヴァスに油彩 2016

ゼロから遠くへ届ける方向

54.0×64.0cm 和紙にオイルスティック、木炭 2016

みんなにちょっとずつ

14.8×10.0cm 和紙にオイルスティック、木炭 2016

全てを包み込む引力

10.0×14.8cm 和紙にオイルスティック 2016

呼び覚ますも

14.8×10.0cm 和紙にオイルスティック、木炭 2016

ありとあらゆる日常の奇跡

22.0×31.5cm 和紙に木炭 2015

 

 ■西村みはる コメント  [Artist Statement]

すべての存在は自分の中にある

 

絵具を無限の多様性に同調させる時

自然なる空間と私の心は調和する。

 

時空と時空

自然と自然

心と心の間にある静寂を

私の内なるものへと取り込む時

静寂はまた

無限の可能性、無限の創造力、無限の愛となり

私の内なる自己の存在の源とつながり

創造され、はね返り、衝突しながら

やがてまた、空間の中に飛び出して行く。

 

描かれることのない空間は

私の記憶の部分に積み重なる。

 

萌え出る樹々が春色に染まる季節もすぐそこに感じる候、

私はまた、二つの小さな命に寄り添い

森羅万象・・・すべてのものとの調和を求め

絵具を重ねられれば。

 ■略歴  [Artist Biography]

1974年、大阪生まれ。1997年、大阪芸術大学芸術学部美術学科を卒業。2000年にOギャラリーeyes(大阪)にて初個展を開催。※以降、同ギャラリーにて継続的に開催。2003年、アートスペース虹(京都)にて個展を開催。1997年に沼津御用邸記念公園(静岡)で開催されたJapan Art Festival`97では、竹を使用したインスタレーションを制作(以後2000年に出品)。1999年、Oギャラリーeyes開廊記念展「絵画劇場」に出品。2000年「誘発の相貌」展(Oギャラリー・東京)、2001年「波走の紡ぎ」(Oギャラリーeyes・大阪)。2002年「ボーダー・見えるものと見えないもの」(マサシ・ヤマギャラリー・東京)。2005年「SOURA05」(Oギャラリーeyes・大阪)。2007年「In Motion」(Oギャラリー・東京)。2009年、第6 U35500人アーティスト小作品販売EXHIBITION(横浜赤レンガ倉庫・横浜)、第1 YOKOHAMA ART DOMAIN展(横浜赤レンガ倉庫・横浜)。2011年、SOURASAISAI展(Oギャラリーeyes・大阪)。2012年、ドラッグ&ドロップ(Oギャラリーeyes・大阪)では、写真作品を発表。2013年、Kyoto Current 2013(京都市美術館別館・京都)。2014年、Absolute basis 沓澤貴子と西村みはるの場合(Oギャラリーeyes・大阪)に出品。

Oギャラリーeyes HOME