高野いくの Ikuno Takano

 

子供のおはか

33.3×45.5cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

10時おき2(左) 10時おき1(右)

45.5×53.0cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

彼女のはれぎ1(左) 彼女のはれぎ2(右) 

41.0×31.8cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

トイレ・ふろ共同1(左) トイレ・ふろ共同2(右) 

22.7×22.7cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

朝ゆふね

 130.0×65.0cm 紙にアクリル絵具、油彩 2014

あさふろのぼせ

56.0×76.5cm 紙にメディウム、油彩 2015

寝床3

116.7×116.7cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

寝床2

116.7×116.7cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

寝床1

116.7×116.7cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

誰かのゆうれい2(左) 誰かのゆうれい1(右)

22.7×15.8cm紙にアクリル絵具、油彩2015

ペンフレンド

10.0×14.8cm 紙(ハガキ)にペン 20142015

おはか

130.3×162.0cm 紙にアクリル絵具、油彩 2015

 

 ■高野いくの コメント  [Artist Statement]

晴耕雨読

ここのところ、ずっと雨が降っているような気がする。

たぶん、半年間ぐらい。

ここぞとばかりに私の天国について考えていた。

形、色、温度とか湿度とか。とびきり幸せな私だけの天国を想像していた。

しかし、それはなんだか陳腐で、ずいぶんと前に流行した歌を聞いているような感覚だった。

そんなことでは、雨は止まない。

毎日毎日シトシトと降る雨の中「仕方がない」と、傘をさして家を出る。

私にとって「天国を造る」ということは、そこはかとない日々をこさえた穴にそっと置き、ザクザクと土をかけ弔う、そんな仕事のように思う。

少し寂しくて、とても前向きな埋葬なのだ。

丁寧に埋め、その場所を大切にしていきたいと思う。

それが、私の天国を造るということなのではないかと、最近は思っている。

 ■略歴  [Artist Biography]

1986 三重県生まれ

2010 京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科洋画コース 卒業

2012 京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻修士課程 修了

 

・個展

2010 つきのよる(CafeGalleryプレンルーノ・滋賀)

2011 ひとりごと(gallery恵風・京都)

晴耕雨読(gallery ie・大阪)

2013 ウカレテル(gallery ie・大阪)

Oギャラリーeyes(大阪)

2014 りんげつアパート(gallery恵風・京都)

 

・グループ展

2009 kyoto current 展 選抜者による二人展(gallery i・京都)

2010 the opposite lane 対向車線(Art project room ART ZONE・京都)

ART NEXT NIPPON(京都造形大学 外苑キャンパス・東京)

上の空(海岸通ギャラリーCASO・大阪)

2011 帰る家を確認しよう(同時代ギャラリー・京都)

2012 第三回松美展 なないろ(松菱百貨店・三重)

トゥールビヨン10Oギャラリーeyes・大阪)

Automatic!!!(海岸通ギャラリーCASO・大阪)

2013 その後になって(SELF-SO ART GALLERY・京都)

三重からの可能性(gallery 慧・三重)

2014 贈る展(gallery 恵風・京都)

 

・受賞

2009年度京都造形芸術大学卒業制作展(学科賞・学長賞・混沌賞)

Oギャラリーeyes HOME