成山亜衣 Ai Nariyama

 

気持ちは置き去り

78.0×200.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

思い出してはなぶる夢の味

170.0×130.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2012

失恋のぼせ

170.0×180.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

窮屈な理想

80.3×116.7cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

蛸食らう子

27.5×46.5cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

暫く狩りはお預け

27.5×46.5cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

姫待ち

16.0×22.5cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

18.0×18.0cm カンヴァスにアクリル絵具 2013

 

 ■成山亜衣 コメント  [Artist Statement]

私の多感な時期、恋愛は不良の三大要素の一つに入っていた。

勿論その頃、私の周りには、ぽつぽつ真面目なふりした恋愛不良が混在していたが、恋愛不良達は気持ちの浮き沈みが激しく、その心模様を人にぶつけ発散する症状があり、うっかりしていると、よく的にされた。

その話は、私の疑問には一切受付御免で、眠りゆく子供に聞かせる本読みの様に一方的なものだった為、対話する言葉を選ぶ手間が無い分、頭の中で整理する事だけに集中できた。恋愛という塊を、私が既に持っていたカテゴリーに仕舞い込む事は不可能だったので、慎重に少しずつちぎって分類したのを覚えている。何故なら、恋人達が有頂天になるサプライズやイベントは、ひらめきが確かな一つの答えに導く数学の様に思え、根拠の無い一目惚れは化学反応の様に思え、喧嘩から仲直りするまでの心模様は、現代国語の文章に引けを取らない位、詩的で論理的だったからだ。

学業として学んだ事を自分の人生において必要な形に変え、実用している恋愛不良達を見て、私は、あながち恋愛なんて、、と侮れなかった。あの頃の私の間違った解釈は訂正されぬまま、様々な思想への種となり、今ではちょっとした雨露なら凌げる位まで成長している。その細い枝にみのった実をもぎって画面に抽出する作業を、制作の軸として表現している。

 ■略歴  [Artist Biography]

1983 大阪府生まれ

2007 京都嵯峨芸術大学造形学科版画分野卒業

2009 京都市立芸術大学大学院版画専攻修了

 

・個展

2010 Oギャラリーeyes(大阪)

2011 Oギャラリーeyes(大阪)

2012 Oギャラリーeyes(大阪)

 

・グループ展

2005 第30回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館・東京)

2006 第31回全国大学版画展(町田市立国際版画美術館・東京)

     Art Com 2006(私のしごと館・京都)

       Open Studio Program! 2006(京都嵯峨芸術大学・京都)

       thinking print vo.1(京都嵯峨芸術大学・京都)

2007 Porto di Stampa(アートゾーン神楽岡・京都)

      Dreaming(アートコンプレックス・センター・東京)

2008 thinking print vo.3(京都嵯峨芸術大学・京都)

2009 トゥールビヨン7(Oギャラリーeyes・大阪)

      AMUSU ARTJAM 2009 in kyoto(京都文化博物館・京都)

        気持ちの奥にあるものPresent Spirit(ギャラリーモーニング・京都)

2010 未来は僕らの手の中(Oギャラリーeyes・大阪)

トーキョーワンダーウォール2010(東京都現代美術館・東京)

2011 プレゼントスピリット(ギャラリーモーニング・京都)

2012 トーキョーワンダーウォール2012(東京都現代美術館・東京)

The 13th Anniversary Pre ExhibitionKICKS

(Oギャラリーeyes・大阪)

 

・パブリックコレクション

京都嵯峨芸術大学版画研究室

Oギャラリーeyes HOME