目次へ戻る
東出典子の天真爛漫でいこう!


映画かぶれ 1992年2月17日号


 うちの父はアレルギー性鼻炎で、私もたぶんそれである。
うちの母は、鯨肉に弱いらしく、じん麻疹が出たそうな。
ゆえに、私はアレルギー体質であろうと思われる。だからと言う訳ではないけれど、皮膚だけでなくかぶれやすい
のが特徴である。なんちゃって。
話の導入にムリがあると思ったあなた。まさしくその通りで、今回はこじつけの定義づけから始まってみました。
ハイ。というのも、最近、劇団内で映画が流行っているのです。
もともと皆、芝居も映画も音楽も絵画も舞踊も遺跡も旅行も食べるのも何でも(あんまり言うとウソになる)好き
なんだけど、最近はやっぱり映画ですねェ。撮るんじゃないっスよ。観る方。撮られるんだったらもっと嬉しいん
だけど・・・。
あっ話とびますけど、浜口美紀は撮られました。私も夏頃撮られるかも知れない。ま、予定は未定だけどネ。
その話は置いといて・・・。
いつもなら、「どうしよっかな」と思うものでも、「興味を持ったら、とにかく観る。」に思考回路を変えて映画館に
足を運ぶことにしているのです。うちの妹は、試写会にハガキ出してるうちにハマッてしまったようですが、私の
場合、何が原因で映画にかぶれたのか分からない。前途で、行きたい思考にムリやりしてるようにもとれるかも知
れませんが、実のところそうじゃない。やっぱイイ映画が多いのかな。
 お正月明けにサイコホラーの「ケープ・フィアー」を観ました。そしたら「羊たちの沈黙」の方がイイと聞き、さっ
そく観に行きました。これは良かった。色々考えさせられましたしね。よかったら観て下さい。コワイよォ。
他に「シザーハンズ」「ロケッティア」と、ロマンチックなのをみて、明日「ピノキオ√964」を観てきます。
これに関しては、以前「追悼のざわめき」を観る前に感じた胸騒ぎともいえる期待と不安があるので楽しみなのです。
板東玉三郎監督の「外科室」もチケットを買ってしまった。奈世子(天真爛漫の役者です。4月の公演は、1回お休
み)おすすめの「未来世紀ブラジル」も観なくっちゃ。・・・と、稽古の前には、こんな話しをしたりする毎日。
4月公演の「金魚姫〜海のあなたの遥けき国へ〜」は、映画の様に美しい舞台になるでしょう。
本当は映画のイイ所を舞台に取り入れるコトなど考えながら皆、映画にかぶれたふりをしているのかも知れない。
こんな風に言うと、どんな思慮深い女性の集団かと思われる・・・ワケないですね。ハッハッハ。
ま、日頃芝居にかぶれてるのだから、たまには他のものにかぶれるってのも新鮮でイイよね。
明日はまた別の何かにかぶれてそうだけど。



現在のコメント

今、かぶれてるのは、サルサと氣志團かな。
もちろんどっぷりはサルサの方だけど、最近は映画見てないな、芝居も。
最後に見た映画が「千と千尋〜」で芝居は篠井さんの「欲望という名の電車」。篠井さんが美しかった。
あ、そういえば、いよいよカクスコファイナルだ!観に行かねば。
来年は身毒丸がある!これは友達の中島陽子ちゃんが出てるので観に行くつもり。
今、土曜の日テレのドラマ「歓迎 !ダンジキ御一行様」の3話まで出てるのでみんな見てね〜!
私じゃないよ、ヨーコが出てます。雅俊さんも生グサ坊主が何かコミカルで。きっと現場楽しいんだろうなぁ。
西さん(ドラマの最後に出てくる、プロデューサーさん)、身体に気をつけて減量して下さい。
いろんな意味で見逃せないドラマです!満里奈さんも出てるし。