けいこ場日誌 Part1


●5月初め

満遊戯賊が5月に東京公演を控えていたこともあり、時間がない!結局、主役 は私の知り合いである劇団新天地の浅野くんにお願いすることにした。

浅野さん

浅野 「僕なんかでいいんですか?」
小波 「そんなぁ、こちらこそお願いしますよ。広東語の台詞があるんだけど、大丈夫、本場の香港人に吹き込んでもらったテープ用意するから。」





私は会社の取引先に台本をファックスし、すでに録音を依頼してあったので、
自信満々で浅野くんにテープの存在をアピールし、出演を了承してもらった。

そして、その何日か後、
阿部 「遠藤から差し替えの台本が送られてきたんです。」
小波 「も、もしかして・・・」
阿部 「ええ、だいぶ変わってますよ。」


浅野くんには知らせないでおこう。また変わるかもしれないし・・・・。